nanoKEYとnanoPAD届いた

nanoKEY & nanoPAD & ミク

KORGの小型MIDIデバイス、nanoシリーズのKEYとPADが届きましたよ。サイズは画像を見てもらえばわかるとおり。15インチのMacBook Proの横幅よりちっこい。

ソフトは付属してなくて、KORGのサイトからダウンロードする必要がある。おまけソフトのオーソライズコードだけ紙で入ってる。Mac(OS 10.5.5)だと基本的にドライバーのインストールは必要ないみたい。繋いだら即認識した。キーアサインなんかの細かな設定にはKORG KONTROL Editorが必須。けっこう細かく設定可能。

注目の質感だけど、nanoKEYはタッチ含めてかなーり安っぽい。ノートPCのキーボードと同じパンタグラフになってるらしいけど、安物のタッチ。ゴム足も取れかかってたし。キーが小さいのはしかたないとして、押すと外枠より深く沈むので、指を立てて弾かないと当たって弾きにくいのがマイナス。光る部分は気合い入ってる。接続するとロゴが光り、オクターブを変えるとLEDの色が変わるのでわかりやすい。

nanoPADはnanoKEYより重くて、遙かにしっかりした印象。1,000円違うとこんなに。叩いてみると、けっこうどつかないとベロシティが出ない。nanoKEYもそうなんだけど。この辺は調整で大丈夫か。横のボタンもパッドと同じゴム製なので、若干戻りが悪いのが残念。

付属ソフト。ちょっと期待してたEZ Drummer Liteは、キットがものごっつい中途半端。シンバルはクラッシュなし、タムはフロアのみ。ちっ。フルバージョンにアップグレードができて、それは11,000円くらいの模様。M1はどうでもいいのでパス。あと、Liveの割引券が入ってる。50ドル、けっこう大きい。でも、既にユーザーだったり。

まだちょっと触っただけだけど、今んとこの評価はnanoKEYは微妙、nanoPADはかなりグッド。

2 Replies to “nanoKEYとnanoPAD届いた”

Leave a Reply

Your email address will not be published.